沿革

学校のあゆみ

昭和14年 創設者の荒川銀子氏の自宅一室に編物研究所を設立
昭和16年 大日本S式高速度編物研究所に改称
昭和25年 荒川編物学院に改称。栃木県知事認可校になる。
昭和20年代 創設者の荒川銀子氏がデザイナーとして活躍。数々のコンクール受賞により入学希望者が増加する。
昭和30~34年 県の依頼を受け、栃木刑務所の女子服役者に編物指導を行う。
昭和38年 荒川編物手芸美術学院に改称
同時に校舎を建築
昭和51年 長女の荒川貴美子氏が副校長に就任。
昭和52年 学校法人に昇格。校名を学校法人荒川学園・荒川編物服飾専門学校に改称
昭和60年 副校長の荒川貴美子氏がNHK編物教室講師に就任。
昭和61年 副校長荒川貴美子氏が第二代校長に就任。
平成31年 専門学校 Tochigi Global Business Collegeに改称
同時に校舎を改築
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました